ホーム>オンラインショップ>●水素吸入機器関連

●水素吸入機器関連(商品数:4件)

「水素吸入」は水素の効果を一番効率的に摂取できる方法です

 

 水素の健康効果は2007年ごろから多くの検証データが報告されはじめ、その論文も今(2019年)で600を超えています。

 2010年ごろからは「水素の健康効果」が一般消費者にまで認知されるようになり、水素水や水素水生成機がかなり流通されました。

 

水素は健康の強い味方

 当時まだ、その健康効果が厚労省などから公的に承認されていなかったため、健康効果を強く打ち出して販売するメーカーや販社が注意を受けたり、イメージを悪化させる出来事で世間を賑わすこともありました。

 しかし、今ではすでに「国」自身も水素を医療行為として導入する方向で動き出しており、2016年11月には(Aよりも厳しい)「先進医療B」いわゆる医療行為として使用を認定しました。

 

 また、数年前までは「水素水」によって水といっしょに水素を摂取するという方法が一般的でしたが、水素は宇宙で1番小さな物質であり人の身体をどこからでも簡単に貫通できる物質であることから、近年では身体全体で水素を摂取できる「水素風呂」に関連した商品や、水素を直接吸入する「水素吸引機器」も広まるりを見せています。

 

 医療では、血管から水素を摂取する水素点滴という治療行為も普及してきています。 ただ、この方法はご家庭で手軽にというわけにはいかないので当社からはおすすめ出来ません。

 そんな中、水素の効果が一番強いと云われているのが「水素吸入」です。

 カニューラを用いて鼻から呼吸といっしょに吸入すると、瞬時に鼻の粘膜をつうじて眼球や脳、さらに呼吸器系をつうじて肺まで届くと、肺からは血管をつうじてすばやくカラダの隅々(毛細血管にまで)まで行き渡ります。

 信じられないかもしれませんが、事実、カラダの隅々の毛細血管に行き渡るまでに数秒という驚きの早さなのです。1分という時間すら必要としない驚きの効果です。

 そもそも「水素吸入」という医療行為は、数年前ならば「知る人ぞ知る」という程度の認知度であったため、水素吸入機器はほとんど受注生産で且つ手造りで、かなり高価な製品でした。

 先進医療Bに認定された2016年末以降の今でこそ認知度の上昇と共に需要も上がり、各メーカーさんの工場ではライン生産が可能になっています。

 そんな事情もあいまって、昔よりも高性能であるにも関わらず昔よりも安価になってきています。

 最近では、水素吸入機器もいろいろ製品化され安価だと5万円くらい、高価だと600万円以上の製品までありますが、水素吸入は高純度水素を安定して継続的に供給できることと安全性が最も大切ですから、それこそ低純度の水素を吸入し効果を得られない事態を考えると、たとえ安価な5万円の製品であってももったいない買いものになり兼ねません。

 

 そんな意味からも、すでに数々の医療機関で導入実績のある「高性能水素ガス吸入専用器ピュアラスキューブ」はとってもおすすめですし、一から十まで手造りで一切の熱を持たない画期的な純国産品のスイソケアーも高価ながらその価値は充分にあります。

 

水素の基礎知識を動画から

 

 

 

水素吸引に関する参考ニュース

 

安全で高性能 !! おすすめ出来る水素吸入機器がこちら

ページ上部へ