ホーム>取扱商品一覧>プロトンの医療用還元水生成器>ケアウォーターの耐久年数

ケアウォーターの耐久年数

ケアウォーターの耐久年数

 

 もちろん、お使い方にもよりますがケアウォーターシリーズは音声ガイダンスに従ってご使用いただければ、10年後でも新品の頃との比較で水質の低下率を10%未満に抑えることを可能にした仕様になっております。これを可能にするための音声ガイダンス搭載でもありました。

 実際、(旧型ですが)20年前の製品を今だにご使用のお客様がおられます。しかも、20年前の新品の頃との比較でも水質の低下率は17%程度という水質を維持してご使用中です。

 壊れたわけでなくても、新型が発表されると下取り制度をご利用されてお買い換えのお客様も多いので、製品の確たる寿命はハッキリしませんが、おそらく平均して13年から14年ではないかと考えています。

 

 

 スケール対策について

 

 スケール問題は、水を電気分解して還元水素水を生成する製品の場合メーカーを問わずすべての製品に共通する問題で、どの製品にも必ず「スケール対策」が施されています。

 

 スケール対策とは、水道水に含まれるカルシウム等のミネラル成分がマイナス極側の電極板に付着する問題を対策することです。放っておくと、マイナス極側の電極板に付着し蓄積したスケールが電解力を低下させ、強いては水質の低下させます。

 

 

 スケール対策の問題点

 

 NEWケアウォーターV2 ECOのスケール対策は「オートクリーニングシステム」を採用しています。しかし、オートクリーニングシステム(他社のクリーニングシステムも同様)だけの場合厳密にいえば約99.998%のスケール対策にとどまるものです。

 対策できていない0.002%を放置すれば6~7年目くらいで水質の低下が顕著に見られるようになります。

 

 NEWケアウォーターV2 ECO のスケール対策は万全

 

 どこのメーカーさんも、「現時点でこれ以上は難しい」ということから対策しきれていない0.002%については目を背けておられます。

 それでも、「当社製品は自動クリーニングによってスケール対策も万全です。」などとおっしゃっておられます。

 ガンコ者ですが正直者でもあるプロトン社は、オートクリーニングで対策しきれない0.002%のスケールをも対策するために手動洗浄をお願いする「音声ガイダンス」を搭載しました。「手動」とお聞きになると、とっても面倒な作業のようにお感じかもしれませんが、タワシでゴシゴシするわけではなく、とっても簡単な作業です。

「酸性水に切り替えて洗浄を行なってください」

 という音声ガイダンスが流れたら、ワンタッチ切り替えボタンで「酸性水」に切り替え、点滅する洗浄ランプが消えるまで(約1分)通水して頂くだけです。
 プロトン水の使用量にもよりますが、この音声ガイダンスは2日~3日に1度くらいの頻度で流れます。

 このように、音声ガイダンスに従ってご使用いただくことで、水質の低下をかなり先送りできる仕組みを搭載した画期的なシステムであることも高く評価している1つです。
 

 

 

 

ページ上部へ